当社のがん免疫療法技術

T-igniteのユニークな2つの働き

長鎖ペプチド抗原を搭載したナノゲル、つまりT-igniteを体内に投与する方法は静脈内投与と皮下投与の2通りがありますが、投与方法によってT-igniteの働き方は全く異なります。うまく使い分けることで、Cold tumorに対する強力な対抗手段になると考えられます(下図)。

静脈内投与型 T-igniteの働き:長鎖ペプチド抗原を搭載したナノゲル(= T-ignite)を静脈内に投与すると、血流を通じてCold tumorの内部に素早く移動し、抗原提示細胞の一種である腫瘍関連マクロファージ(Tumor-associated macrophage, TAM)に長鎖ペプチド抗原を大量に届けます。長鎖ペプチド抗原を受け取った腫瘍関連マクロファージは、抗がんT細胞をCold tumorの内部に呼び寄せる働き(「PULL効果」)を開始すると考えられています(下図)。

皮下投与型 T-igniteの働き:長鎖ペプチド抗原を搭載したナノゲル(= T-ignite)を皮下に投与すると、末梢リンパ管を通じてリンパ節(T細胞等の免疫細胞が多数集まる重要器官)に素早く移動し、抗原提示細胞の一種である髄質マクロファージに長鎖ペプチド抗原を大量に届けます。T-igniteを受け取った髄質マクロファージは、Cold tumorに対抗できるほどに抗がんT細胞を強力に活性化します(「PUSH効果」)(下図)。