当社のがん免疫療法技術

抗がんT細胞活性化技術「T-ignite」を中核とする複合がん免疫療法でCold tumorに対抗する

当社と国内国立大学の研究チームは、マウスのがんモデルを駆使してCold tumorを治療できる新しいがん免疫療法の開発に取り組んできました。まずCold tumorを詳しく調べたところ、がんの内部に存在する免疫細胞「腫瘍関連マクロファージ(Tumor-associated macrophage,TAM)」が抗原提示機能(T細胞に敵であるがんに関する情報を伝える働き)を発揮していないことが、Cold tumorが生まれる要因であることを突き止めました。

そこで研究チームは、独自の抗がんT細胞活性化技術「T-ignite」を用いて、腫瘍関連マクロファージの抗原提示機能の誘発を試みました。すると、がんの内部が抗がんT細胞が侵入しやすい環境に変化しました。これによりCold tumorがHot tumorに転換し、他のがん免疫療法に対する感受性が高まって治療可能になりました。

 

また研究チームは、T-igniteを利用すれば、T細胞受容体(TCR)遺伝子改変T細胞(がんを見つけるためのTCR遺伝子を導入した患者自己T細胞)をCold tumorに対抗できるまでに強化することが可能なことも発見しました。

当社では、T-ignite技術と相性の良い他のがん免疫療法として免疫チェックポイント阻害薬やTCR遺伝子改変T細胞療法にフォーカスし、これらの複合がん免疫療法のCold tumorに対する臨床応用を進めています(下図)。

(次ページ「抗がんT細胞活性化技術「T-ignite」とは?」につづく)