当社のがん免疫療法技術

今までの治療法が効かない「Cold tumor(冷たいがん)」の問題

近年、身体の免疫系、特に免疫細胞の一種の「T細胞」が、がんに対する強力な武器になることが明らかになり、これを利用した免疫チェックポイント阻害薬や遺伝子改変T細胞療法が国内外で承認されて、がん免疫療法の実用化の時代が始まりました。しかし、こうした新しい治療法の効果が得られるのは、まだ一部の患者層に限られています。

治療に抵抗性を示すがんの研究が進むにつれて、ヒトのがんには免疫学的に「Hot tumor(熱いがん)」と「Cold tumor(冷たいがん)」の2種類が存在すること、従来の治療法はHot tumorには効果がありますが、Cold tumorには効きにくいことが明らかになってきました。

Hot tumor(またはInflamed tumor)は、治療を始める前からすでに身体の免疫系ががんを見つけて戦いを仕掛けている「Hotな」状態にあり、がん免疫療法が効きやすくなっています。

Cold tumor(またはNon-inflamed tumor)は、免疫系ががんを見つけても戦いを仕掛けられないか(Immune excluded)、免疫系ががんをそもそも見つけられておらず(Immune ignored/Immune desert)、免疫学的に不活性で「Coldな」状態にあるがんを言います。Cold tumorでは、がん免疫療法で免疫系の働きを増強しても、治療効果になかなか結び付きません。

(次ページ「抗がんT細胞活性化技術「T-ignite」を中核とする複合がん免疫療法でCold tumorに対抗する」につづく)